花べっぷを支える人々

  • vol.20 清末 浩一さん (餅屋清末 杵や) 

    投稿日:

    大分県北部、国東半島に位置する豊後高田市には、「昭和の町」と呼ばれる商店街がある。その中に店舗を構える餅屋「杵や」。

     

    現在2代目の浩一さんは、元々は東京で働く銀行マン。大学時代から12年暮らした都会から地元へ戻ったきっかけは、自身の子育てだったという。「小さい頃、国東半島の大自然の中で遊んだ幸せな記憶が、今の自分の強みになっている。自分の子どもにも、同じ経験をさせてあげたかったんです」と振り返る。戻った当初、考えていた仕事は保険屋か不動産屋。両親が経営していた餅屋は、当時卸のみを行っており、継ごうとは思っていなかった。

     

     

    昔は栄えていたが、狸が通るようなさびれた風景に変わっていたという商店街。2001年に昭和をテーマとしたまちづくり事業が始まり、商工会議所の青年部で活動していた清末さんにも「店を出してみないか」という誘いがあった。「2つ返事で受けたものの、関わる人たちと熱い意見を交わすうちに、これは生半可な気持ちでは出来ないなと気が引き締まりました」と振り返る。餅だけでは駄目だと思い、熊本の菓子屋に修行に行った。「反対されると思ったので、家族には出店の話をしなかったんです。9月オープン予定だったんですが、8月に父親がどこからか聞いてきて、やっぱり大反対されました」と笑う。

     

     

    「何もやらずにこのままだったら、町は無くなる」その想いで走り続け、迎えたオープン前日。建物は出来ていたが、肝心の商品がまだ出来ていなかった。徹夜で仕込みをし、当日の朝大慌てで店に向かうと、目に飛び込んで来たのは応援してくれていた地域の大人や仲間たちが掃除や開店準備をしている姿だった。店の看板や店内のポスター等も、知人がプレゼントしてくれた。「この想いは裏切れないなと思いました」

     

     

    もち米や水、小豆など、材料に徹底的にこだわった和菓子たち。花べっぷでは、大分のかぼすを使った餡がたっぷり詰まった、蒸したてのお饅頭が提供されている。「大分には、良いものがたくさんあるんですよ。それを伝えていきたいんです」と、微笑む清末さん。口に運ぶと、ほっとする味わいが身体に広がった。