花べっぷを支える人々

  • vol.17 姫野 健治さん (森の菓子工房 ミエル) 

    投稿日:

    真っ白の生クリームの上には、フルーツがたっぷり。見るだけで笑顔になってしまうような色鮮やかなホールケーキは、花べっぷにオーダーすると記念日を飾るとっておきのケーキがお部屋に届く。お誕生日や還暦など、お祝いのときには欠かせない。

     

     

    花べっぷのケーキを作っている「森の菓子工房 ミエル」は、まるで森の中にあるようなログハウス風の外観が素敵なまちのお菓子屋さん。中に入ると、色とりどりのケーキや焼き菓子が、甘い香りと共に出迎えてくれる。オーナーシェフである姫野さんはお店の雰囲気そのままの穏やかな方。

    幼稚園のときの夢は、コックさんだったのだとか。「小さい頃から料理が好きだったんです。ケーキを作るようになったのは、母親がケーキ教室を開いていたことがきっかけです。その手伝いをするうちに自分でも作ってみたくなって」電子レンジの説明書に付いているような、簡単なレシピも参考にしながら、オリジナルのケーキを作っていたという。

     

     

    高校卒業後は大阪の専門学校に渡り、ホテルで働いたあと福岡のケーキ屋で修行を積んだ。そこで出会った味が、お店のスイーツのもとになっているという。「うちの生クリームは、コアントローを入れているので、生クリームの味わい深さを生かしながらも、甘さが控えめなのが特徴です」使用している蜂蜜にも、こだわりがあるという。「店名の『ミエル』は、フランス語で蜂蜜という意味なのですが、フランスの特別な蜂蜜を使っているんです」濃厚な色をしたその蜂蜜は、ほんの少し使うだけで豊かな香りが漂うのだとか。

     

     

    甘い味と時間の記憶は、いつまでも心に残るもの。「親しみやすい味のお菓子を作るように心掛けています。まちのケーキ屋さんとして、お客さんから愛されるお店でありたいですね」と姫野さんは微笑んだ。